ハゲているとどうして悪口を言われやすいの?

ハゲているとどうして悪口を言われやすいの?

ハゲていると悪口を言われやすいというイメージがあります。海外ではハゲている男性はセクシーという風潮もありますが、なぜ日本では悪い印象を与えてしまうのでしょうか。

髪が薄いと、どうしても見た目が目立ってしまいがちです。日本では人と違う見た目をしていると、後ろ指を指される傾向にあるようです。

また、年齢を重ねると薄毛が進む事が多く、おじさんへの悪口として「ハゲ」というケースも少なくありません。

薄毛だと悪口を言われやすいと感じる方もいるでしょうが、ハゲていても髪を整えて清潔感のあるファッション・身だしなみをしていれば、悪い印象は与えにくくなります。

ハゲと悪口を言われる事が多いという方は、見た目の清潔感に注意してみましょう。

ハゲやカツラが悪いと言われる風潮はどこから来た?

ハゲやカツラが悪いと言われる風潮はどこから来た?

ハゲやカツラが悪いと言われる風潮は、日本では昔からハゲやカツラが馬鹿にされる風潮があることが考えられます。

それも軽い気持ちでハゲやカツラであることを馬鹿にして笑う人は多くおり、特にお笑い芸人などがネタとしてはげている人をコミカルにいじることが馬鹿にしてもよいという風潮にしている可能性もあります。

ハゲる原因には遺伝なども影響してますが、ストレスや生活習慣、食生活なども影響していることがあります。

そのため悪いことはひとつもないので、ハゲやカツラで悩みがあるなら、知的さを出すために髪の毛は短くカットしたり、スキンヘッドにしてオシャレにしたり、欧米では禿はセクシーさのシンボルとも言われることがあるため自信をもつことも大切です。

さらに対策として育毛剤を使ったり、規則正しい生活習慣や栄養バランスのとれた食生活に改善したり、思いきって薄毛専門のクリニックに相談することも良い選択です。

見ず知らずの人にハゲと言われても罪に問える?

見ず知らずの人にハゲと言われても罪に問える?

見ず知らずの人にハゲと言われた場合、誹謗中傷の発言をされたとして侮辱罪が成立する可能性があります。しかし名誉毀損罪にはなりません。

名誉毀損罪はその発言によって、その人の社会的評価が低下する恐れがある場合に成立します。しかしハゲと言われただけでは、その人の頭皮の状態について評価しただけと見なされます。

ハゲは、必ずしも社会的な評価を下げるわけではないため、名誉毀損にはなりません。一方、侮辱罪は、事実の摘示なしに侮辱する行為に対して、適用されます。事実の摘示とは、名誉を損なうような具体的な事実を口頭や文章で示すことを意味します。

ハゲていることが自分の名誉には無関係と考える人もいますが、当事者が名誉を傷つけられたと感じるなら、侮辱罪になります。

ただしもう一つ条件があり、公然と侮辱したという事実が必要です。つまり大人数が集まっている場所で、ハゲと言われた場合にのみ適用されます。