悪口と誹謗中傷の違い

悪口と誹謗中傷の違い

悪口と誹謗中傷はどちらも誰かを悪く言うという点では似ていますが、決定的な違いは誹謗中傷は人の名誉を傷つけるという意味になります。

一度ぐらい悪口を言うのは人間ですが、誹謗中傷となると話は異なってきます。また批判の場合はある程度の根拠が必要になりますが、悪口や中傷は根拠や信憑性は薄く人々の感情論になりやすい傾向にあります。

また、悪口は小さい範囲で済むこともありますがエスカレートしていくと誹謗中傷となってしまうケースもあります。公共の場で根拠なく名誉を傷つけることにもなりかねません。

政治やネットなど公共性の高い場合は誹謗中傷という言葉がよく使われています。しかしどちらも人を傷つけるという意味では変わりません。

ハゲという言葉が誹謗中傷になる?

ハゲという言葉が誹謗中傷になる?

ハゲという言葉は誹謗中傷となり、犯罪行為として訴えられることもあるので注意しましょう。誹謗中傷で訴えられる場合、そのような罪状があるのではなく、侮辱罪か名誉棄損罪が適用されます。

いずれも人を侮辱したり、社会的信用を低下させる行為が公然と行われたものである必要があります。例えば周囲に自分と相手しかいない状況でハゲと言っても他者に認識されないので成立しません。

少人数でも周囲に人がいたり、インターネットなどで行った場合には成立する可能性があります。特にインターネットでは書き込みが残って消せないこともあるので注意が必要です。

侮辱罪と名誉棄損罪の違いは、前者がその事実を示さずに行った場合、後者が事実を示した場合になりますが、名誉棄損罪はその事実の真偽は問いません。

真実性が証明でき、それが公益目的であれば阻却されますが、ハゲと罵ることが公益目的とは考えられないので、阻却されることはないでしょう。

軽い気持ちの書き込みが誹謗中傷に繋がる?

軽い気持ちの書き込みが誹謗中傷に繋がる?

インターネット上の掲示板やブログ、そしてSNSなどのコミュニティーは不特定多数の人々が利用します。日本では憲法で表現の自由が認められており、ある意味で誹謗中傷の自由も保障されています。

実際に論理的な批判と誹謗中傷は紙一重です。誹謗中傷を全て取り締まる事は出来ませんし、仮に僅かな悪口でも摘発されるようになれば、それこそ地獄のような世界になります。

ネット上のコミュニティーサイトで誹謗中傷されてしまうユーザーにはある共通が見られます。

特定の趣味を持つ人々を一方的に批判していたり、具体的な有名人の名前を挙げて執拗に悪口を書き込んでいる等、実は誹謗中傷の被害に遭遇する人々程、実は先に自分自身が他人を攻撃する書き込みをしている傾向があります。

軽い気持ちで悪口を投稿してしまう事は誰でもありますが、ファンが多い芸能人を執拗に攻撃したり、あるいは人の趣味や思想を踏みにじるような発言は自重すべきです。